待ち遠しい!夏フェスにこういうのが欲しい B-And-Bee

2456

今年も夏フェスが各地で開催されている。だがフェスはなんと言っても体力勝負。なにしろライブ会場はほぼ屋外のためわずかな木陰を陣取るのは競争率が非常に高い。さらに二日間参戦する場合、ホテルがとれないとキャンプという選択になることもある。

gigamen_B-And-Bee01

スペースも節約できる折りたたみテントの進化系

フェスにおいてはトイレも給水も仮設なのだから、この「B-And-Bee(蜂の巣型テント)」が出てくるのはもはや必然、いや必要なのだ。キャンプサイトだって横に広がる場合は、数が限られてしまう。また、設営だってめんどくさい。だがこれならば、収容人数も多く、グループで同じ場所にステイできそうだ。

しかも雨が降った場合などテントよりもちょっといいかもしれない。B-And-Bee内はキングサイズのベッドぐらいのサイズ。これならちょっと休憩にもバッチリだ。もちろん電源も利用できる。そしてなんと言ってもスタッキング式なので、必要な時に必要な分つなげることができる。

gigamen_B-And-Bee02

ただしあくまでも「簡易宿泊」するためのものなので、騒音やセキュリティなどの問題も懸念される。とはいえ、実際にフェスに導入されることとなったら、今よりもちょっと気軽に楽しめるようになるかもしれない。

参照元:B-And-Bee

この記事をシェア
0 0
記事のタグ