空飛ぶラジコンカーで大迫力の撮影を

1956
~£86,500詳細ページ

英国サウサンプトン大学の博士課程学生であるWitold Mielniczekさんは、米クラウドファンディングサイトのキックスターターにて、空飛ぶラジコンカー「B (ビー)」の製品化に向けた資金提供を呼び掛けています。

B (ビー)の最大の特徴は直径22cmと大型の四輪で、各タイヤの中に約18cmのプロペラを内蔵。空を飛ぶ前提でつくられているので、タイヤに軽量素材を採用し、小回りが利く設計になっています。見た目はやや不格好ではありますが、ラジコンの先端部にHDカメラを搭載しているので、撮影用機器として用いると大迫力の映像を撮ることができます。

もしキックスターターを通じて、 Mielniczekさんに支援を行えば、金額に応じた恩恵を受けられます。例えば、1台のB (ビー)を手に入れるには320ポンド(約48,000円)の支援が必要です(2013年12月の発送を予定)。目標額は8万6500ポンド(約1300万円)。締め切りは7月3日。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ