薄毛に朗報!ハゲはガンになりにくい?

1607
未定 詳細なし

ニコラス・ケイジや元サッカー選手のジダン、日本人なら竹中直人や渡辺謙などなど。薄毛だけどカッコイイ男性はたくさんいますよね。でも大多数が薄毛にはコンプレックスを感じていると思います。そんな方に朗報を届けます!

ハゲの原因は「モテホルモン」?

まず、薄毛の原因は主に、体内のテストステロンがジヒドロテストステロンに変化すること。通称『モテホルモン』と呼ばれるジヒドロテストステロンは、筋トレをすると発生しやすくなる男性の魅力に必要なホルモンです。つまり、ハゲてる人はステキな男性と言えなくもないのです。

gigamen_Baldness_good_for_health01

ハゲ=健康?

ワシントン大学の研究で2000人の40代男性を調査したところ、ハゲている人の方が腫瘍の発生リスクが低いことが判明しました。また、30歳までにしっかりハゲた人(ただしてっぺんハゲは含まない)は、29~45%前立腺がんのリスクが低いという結果も。

現在は育毛剤や男性用シャンプーの種類もどんどん増えています。がんになりにくい健康な体なら、ハゲさえ予防してしまえばこっちのもんです。もちろん家系による遺伝もあるので一概には言えませんが、ハゲだって、悪いことばかりではないですね。

参照元:BBC NEWS

この記事をシェア
0 0
記事のタグ