えっ?これもダメ? 米国で禁止される食品いろいろ

4070
未定 詳細なし

アメリカ合衆国では、州やエリアによって販売が禁止される食品がかなり違う。旅行中や駐在になった際に戸惑わないように、知っておくと便利。ちょっとしたカルチャーの勉強になるかも。

1. マーガリン

乳製品の州ウィスコンシンでは州営の学校、刑務所、病院などで、マーガリンを出すことが禁じられている。本物のバターを推進することは、この州にとって合理的。トランス脂肪酸たっぷりのマーガリンが、今各国で問題になっているのはご存知の通り。

gigamen_Banned_Foods_US

2. フカヒレ

ニューヨーク、カリフォルニア、ハワイなど、現在米国の9つの州でフカヒレの販売、所持が禁止されている。同じような法が他の州にも公布されつつあり、これは乱獲による個体数の減少が原因。しかし悲しいかな、アジア人に大人気のフカヒレはこれら上記の州でも案外簡単に食べることができる。

gigamen_Banned_Foods_US_01

3. ハギス

羊の肺を含む食品が禁じられた1971年以降、スコットランドの伝統食ハギスは米国内で販売されていない。しかしながらこの巨大な丸っこいソーセージはかなりゲテモノ扱いされており、禁止されているとは言え好んで食すアメリカ人は少数派かも。

gigamen_Banned_Foods_US_02

4. ジャンクフード

米国農務省は、2014年7月1日から学校でのジャンクフードや不健康なドリンクの販売を禁止することを決めた。初めて渡米した日本人留学生がショックを受けるのがコレ。ちょっとしたアメリカらしさだったのだが。

gigamen_Banned_Foods_US_03

5. 血

ルイジアナで血を飲むことは違法であり、人間の血でも動物の血でも飲んではいけない。この条例は一定の儀式に対する法として1989年に制定された。さすがブードゥー州ルイジアナ、この法の怪しさも半端ない。

6. ピーナツバター

最近増加する子供のピーナツバターアレルギーを理由に、ピーナツバターの校内持ち込みを禁止にする学校も多くなっている。ピーナッツバター&ジャムのサンドウィッチはアメリカのちびっ子を象徴するような食べ物なので、これもまた皮肉なものである。

gigamen_Banned_Foods_US_04

口コミで教えてもらう、もぐりの店が多いのもアメリカならでは。さらには存在するものの誰も従わない法律も多いので、生真面目な日本人にしてみれば非常にやっかいなのだ。

参照元:mom.me

この記事をシェア
0 0
記事のタグ