簡単に全身をスキャンできる携帯型体組成計を紹介 食事・運動の指南も

1557
249ドル(約2万9000円)~詳細ページ

米国発、安全な近赤外線で体脂肪や基礎代謝値などをどこでも簡単に測定できる上、専用アプリを通してユーザーに合ったダイエットプランの提示も行う携帯型体組成計「Bello 2」の先行販売プロジェクトが3月中旬現在、米クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で継続中です。

左右の二頭筋・左右の広筋・上腹部に当て、正確に測定

「Bello 2」を使うには専用アプリをインストールする必要があります。アプリの案内に従い、本体を左右の二頭筋・左右の広筋・上腹部に当てると、体脂肪・内臓脂肪・基礎代謝値・BMIを測定できます。ヘモグロビン濃度や組織内の脂質まで測れるので、精度は従来の体組成計以上です。

片手で持てる体組成計は「9ブロックセラピー」というプログラムを搭載しています。このプログラムは測定値に基づき、ユーザーを「(いい意味で)ほっそりとしている」「平均的」「単に体脂肪率が高いだけ」「太りすぎ」「病的に肥満」など9ブロックに分類し、体型の客観視を可能にしました。

約700万円を調達し、生産も発送も順調に進んでいる

「9ブロックセラピー」による分類は理想の体型・健康状態の目標設定を分かりやすくしました。目標を決めると、専用アプリ上でどんな食事やエクササイズがいいかの提案を受けられます。ただアプリの対応言語は英語のみとみられ、その点は注意が必要です。

旧モデルより測定精度を高め、新プログラムを搭載した「Bello 2」先行販売プロジェクトは5.9万ドル(約700万円)を集め、生産も発送もスケジュール通りに進んでいるようです。今回の記事で基礎疾患の予防に役立つ体組成計の重要性を認識していただければ幸いです。

<参考元>Indiegogo

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ