自転車用のバーチャルレーンが出現~ライトはここまで進化しました

2876

深夜の自転車運転。前から後ろから自動車やバイクが来ないか不安になってしまうもの。もちろん歩行者と接触する危険もある。GIGAMEN読者の中にも実際にトラブルを起こしてしまった人がいるかもしれない。

その不安を取り除くべく開発されたのがXFIRE社の『バイクレーンセーフティライト(Bike Lane Safety Light)』。赤いレーザー光を発し、自転車用のバーチャルレーンを引いてくれるのだ。車のヘッドライトや街灯が照らしていてもはっきり視認できるほど。
バイクレーンセーフティライト(Bike Lane Safety Light)があれば接触事故のリスクはぐっと小さくなるだろう。

バイクレーンセーフティライト(Bike Lane Safety Light)によるバーチャルレーンの出現で、例え交通量が多い道でも、自転車が走行できるほどのスペース確保が容易になるはずだ。逆に自動車を運転しているドライバーも事故を起こすリスクも下がることになるはずだ。詳しくは下の動画を参照あれ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ