元海兵隊員がデザインしたミリタリーナイフ

1994

オフィシャルではないが、US Marine(米国海兵隊)と言えばミリタリーの世界では俗に特殊部隊という認識。その元海兵隊員が自分の経験を生かして(?)ミリタリーナイフ『Manticuda(マンティクーダ)』をデザインした。

Manticudaは、グリップ以外の部分が全てマルチアングルブレードになっているので、相手に奪われる心配もなく、何かを切りつけるにあたり角度を選ばない。つまり数秒の差が分かれ目になるケースでは、素早くアクションを起こせることにもつながる。これぞまさしく…いや、なんでもない。

近いうちに強化ナイロンでできた収納ケースもリリース予定で、持ち運びにも便利…というか、安全になるとのこと。このManticudaは見かけ通りの強面ナイフではあるが、釘抜き、ボトルオープナー、プライツールなどの普通の万能ナイフみたいな機能もついていて、部分的にはゆるくもある。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ