デルタウィングの後継車!BladeGliderが美しい!

1424

日産自動車が開発したEVレーシングカー「デルタウイング」。ルマン・24時間耐久レースにも参戦したデルタウイングは、その鋭く尖った「流線形」が話題となり、世界から「乗ってみたい」と言う声が殺到していました。日産自動車はそんな声に応えるべく、デルタウイングの後継車、「BladeGlider (ブレイドグライダー)」を東京モーターショーで公開しました。

ランボルギーニやフェラーリと比較しても全く見劣りのしない美しいボディの先端は90センチメートル鋭く尖り、見る者の目を引きます。さらにガルウイングと解放感のあるタルガトップが男の心を盛り上げまくります。そしてボディ全体にはLEDライトが搭載され、美しく光り輝きます。子供のころ思い描いた「スーパーカー」の要素がBladeGliderには全て詰まっています。

BladeGliderのパワートレインについては、EV車と言う事以外はベールに包まれています。企業秘密という事でしょう。BladeGliderのデザインは高い評価を受けており、今後の量産化・市販化が期待されています。三角形のボディに、世界のカーマニアが注目しています。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ