魅惑のシューティングブレーク!MINIクラブバン

2120

BWMの人気車種「MINIシリーズ」。アニメ「シティハンター」で冴羽 獠が乗車していたイギリスBMC社製の「ミニ・クーパー」のデザインをモチーフにBMWによって製造された車でその可愛らしさとスポーティな走りから根強い人気があります。

そんな歴史と伝統溢れるMINIシリーズの最新車が「MINI クラブバン」です。新世代MINIとしては初の商用車となります。MINI クラブバンは2012年3月に発表した「MINIクラブマン」をベースに1960年に発売されたBMC社製MINI「モーリス ミニバン」をイメージして製造されました。室内は2シーターとし、その分荷台が広く設計されています。従って狩猟道具や犬を載せる事のできる車です。こういった車をシューティングブレークと言います。

荷台のドアはMINIクラブマンシリーズから続く観音開きを採用。冷蔵庫のように大きな荷物を思う存分詰め込むことが出来ます。さらに4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載し82 Kw(112馬力)となっていますのでどんなに重い荷物でもアクセル全開でストレスのない走りを味わうことが出来ます。

全長3961×全幅1683×全高1426mmで、リアのサイドウインドウには任意のテカール類を装着することも可能です。広い荷台に愛犬を乗せドライブやキャンプに出かけることが出来るのは魅力的です。

MINIクラブバンの発売は2012年秋の予定となっています。魅惑のシューティングブレークをあなたに。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ