回転するセンターハンドルが革命的な、人間工学スコップ

1370
~$60,000詳細ページ

そもそも、人間の手足の長さは個人個人で違う。だから、スコップで地面を掘る時だって、一番力の入る持ち方も個人個人で違ってくる。ところが、スコップというやつはみんな同じ形だ。だから、人間の方がスコップに合わせなければならない。と、たいていはそうなのだが、この「Bosse Tools(ボッセツール)」はちょっと違う。

Bosse Tools(ボッセツール)は人間工学を応用したスコップ。ご覧の通り、真ん中あたりにグリップがついている(円の中に横一文字になっているのがそれだ)。このグリップは、様々な角度に回して固定することができる。つまり、個人個人に合わせて、一番持ちやすい角度で握ることができるのだ。そうすると、これまで使えなかった、最も力が出る、太い筋肉を、最高に働かせることができる。だから、作業の効率が良くなる。しかも疲れにくい。

回転式のセンターハンドル。アイディアはたったこれだけ。だが、たったこれだけのアイディアが、革命的なBosse Tools(ボッセツール)というスコップを生み出した。アメリカ国内で様々な賞も受賞している。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ