弓矢ゲームで戦国武将の雰囲気を味わえ!

1174

日本で弓矢が生まれたのはなんと縄文時代。その後の戦では常に弓矢が主武器として用いられてきました。戦国時代にポルトガルより鉄砲が伝わり、戦の主武器が鉄砲となっても弓矢は武器として使用されていました。本能寺の変で織田信長が明智軍に追い詰められたとき、弓矢を放ち奮戦したと言われています。

そんな信長の気分をスマートフォンで味わう事が出来ます。「BowBlade (ボウブレード)」はスマートフォンで楽しむ本格弓矢コントローラ。弓をグイっと弾いてスマートフォンの画面に向かって矢を放つのです。そう、織田信長が窮地の中で必死に奮戦したように。BowBlade (ボウブレード)にはゲームモードとエクササイズモードの二種類用意されています。

BowBlade (ボウブレード)で戦国武将体験と行きましょう。「光秀め!」と叫びながら矢を放つのもありです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ