チタンフレームの自転車は目に眩しい!

1950

職場における昼休みの会話

部下A「毎日自転車通勤していて、自転車に関しては一家言持つ僕にとっても、ちょっと衝撃の自転車を見付けたよ」

部下B「どんな自転車だい?君がそれほど言うくらいだから、よっぽどカッコイイんだろうね」

部下A「このサイトだよ。「Budnitz No.1 Titanium(バドニッツ・チタン)」どうだいこのシルバー一色に打ちのめされるだろう!」

gigamen_Budnitz_No.1_Titanium

部下B「確かに!今まではギガメンの記事にあったBad Boy(黒のつや消しバイク~この自転車はもはや自転車ではない。装甲車?戦闘機?圧巻の黒のつや消しボディ~)が最強の自転車だと思っていたけど、Budnitzはこれに勝るとも劣らないね。

実にファッショナブルで、繊細だ。Bad Boyが装甲車だとすると、Budnitzは銀盤の羽生結弦って感じかな」
gigamen_Budnitz_No.1_Titanium02

そのスタイルは銀盤の羽生結弦!

部下A「その例えはどうかと思うけど、Budnitz No.1 Titanium はその名のとおりチタンフレームで、この曲線は実にエレガントだ。チタンはメガネなんかでよく使われる素材だけど、軽くて硬いのが特徴だ。Budnitzは実に軽い。

カーボンベルト駆動だから、スムーズな走行を約束してくれるよ。フレームとリムが地面からの衝撃を吸収してくれるから、快適なバイシクル・ライフが保証されるってわけさ」

部下B「Budnitz No.1 Titaniumに一票!」

 

記事元:GIGAMEN
参照元:Budnitz No.1 Titanium

この記事をシェア
0 0
記事のタグ