スタートアップを成功させた、5人のシンプルなアイディア【前編】

1797
未定 詳細なし

アップルのような大企業も、小さい企業からスタートしている。多くの人が、新しいビジネスは3年以内に失敗する、という理由などをつけて始める人を説得し、自らもスタートをためらうのではないだろうか。

ビジネスはアイディアと書類手続き、店舗やウェブサイトがあればスタートは簡単だが、成功するのは簡単ではない。しかし、シンプルなアイディアで成功した、5人のビジネスもあるのだ。

何を、作りたいのか?

1. Cheeked

gigamen_Businesses_Simple_Ideas

Cheekedを創立したCEOのLori Cheekは、15年間建築家として働いた後、キャリアを手放しテクノロジー業界に注目した。貯金に頼る生活から、資金のためにとても工夫しなければならなかったが、ブランドの服を売るなどして、どうにか75,000ドルを作り出した。

彼女は建築物ではなく関係性を作り上げる事に力を入れ、オンラインのパートナーサービスを提供する「Cheeked」が誕生した。

バーチャルな時間よりも現実の時間において、ネット恋愛を続けていく前に人々を会わせることを可能にして、このデートアプリによって、今までの上手くいかない出会い作りを時代遅れのようにしてしまった。

大きなチャンスは、ビジネスオーナーたちが投資家たちの前で自分のビジネスをプレゼンし、投資してもらうというABCで放送されている、Shark Tankに出場した時にやって来た。

彼女のアイデアは、他のビジネスオーナーたちに負けてしまったが「皆とまた会えると信じてる」と、言い残した。そして放送後の48時間で、約50人もが投資を希望し始めたのだ。

New York Timesは、Cheekedを「次世代のオンライン・デートのサービス」と伝え、The Huffington Post、 Inc Magazine、TEDx.にも取り上げられた。Cheekdは47州、28か国で利用されている。

2. Air Ad Promotions

gigamen_Businesses_Simple_Ideas01

Marty Buckholtは「Air Ad Promotions」を1989年にスタートさせた。

ある日、雑誌に目を通していると、風船を使っている広告を見つけた。Martyはなんと、そのアイディアを早速ルームメイトに売り込んだ。ルームメイトは賛同して資金を提供し、彼のセールススキルで始めるための収入も生み出した。

2~3週間後にルームメイトは仕事を見つけてパートナーから降りたため、Martyは預金が3,000ドルより少ない状況で出発した。設立当初の資金は十分ではなかったが忍耐強く続け、大きく、ユーモラスな風船で広告するAir Ad Promotionsは、最初の年に100,000ドルの収益をあげた。

Martyは、顧客のニーズを予測することが、成功したポイントと考えているようだ。Air Ad Promotionsは今や、年収600万ドル以上をもたらしている。

ビジネスを続けるにはアイディアと行動が大事なようですね。そう考えると、確かにシンプルな事かもしれません。続く3人は【後編】で紹介します。

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ