Apple Watchこそ充電器に凝りたいという理由と理想

1723

アップル久々のニューディバイスであるApple Watch。なかなか賭けに出たなと思いつつも、すでにOSアップデートでホーム画面に登場してしまい気になって仕方がない。

買ったらすぐ対応しますよってことだろうが、iPod nanoを持っているので、入手できるまではこれをつけて時計を表示させ「なんちゃって」方式でやりすごそうかと思っている。って、話じゃなかった。

gigamen_Calypso_Timeless_Moment01

充電する時のスクラッチ傷にまで気を配りたい

なにしろ実機を手にするまでは未知なる部分も多い。そして一番心配なのはその華奢なボディである。なにしろiPhoneと違いケースに入れて丸ごと保護してもらうことができない。そして無造作に置くことで傷がついたりするのは困る。

そこでApple Watchに特化した最新のケアをしながら充電するために出たのが「Calypso’s Timeless Moment(革製Apple Watch専用チャージャ−)」である。

gigamen_Calypso_Timeless_Moment02

しなやかに弧を描くイタリアンレザーの中にそわすようにApple Watchを置く。もちろん物理的負荷がかからないようにケーブル類も内包し、チャージ完了までの間しばし休息を与える場所としてふさわしい。

見えないところに凝ってみるぞという意気込みで、ちょっとゴージャスなチャージャーを使って見るのもいいかもしれない。

参照元:Calypso Crystal 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ