知っておきたい片頭痛に関する6つの事項

1363
未定 詳細なし

片頭痛は繰り返し起こる頭痛の中でも日常生活に支障が大きく、多くの人が悩まされている病気です。多くの原因 は、頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが発生します。頭の片側のみに発作的 に発生し、脈打つような痛み、時には嘔吐などの症状を伴う人もいます。ここでは片頭痛に関する6つの事項を紹介します。

1. 頭痛の中でも最悪

典型的な片頭痛の症状は片側性で、痛みが酷い。壁に頭を強打したくなったり、髪をむしり取りたくもなる。数週間や何ヶ月も長期にわたって、毎日片頭痛を感じる人が多い。

2. 規則的な痛み

片頭痛は患者によって発生する時間が異なるが、時計のように規則的に発生する確率が高い。眠りに落ちて数時間以内に感じる人もいれば、朝、午後、または夕方の特定の時間に感じる人もいる。又、総合的に春と秋に片頭痛を感じる人が多いとも言われている。

3. 医師の助けが必要

片頭痛持ちの人は医療や専門家の助けを100%必要とする。あなたに合った、痛みを軽減することができる薬物や対処法を親身になって考えてくれる医師を探すことだ。

gigamen_Cluster_Headache_Problems01

4. 戦いは長い

とにかく痛みを止めるために薬を飲む。それでもまた繰り返しやってくる頭痛。 付き合っていくしかないが、原因を突き止めることを諦めてはいけない。長期戦になることを見込み、焦らずゆっくりと対処していくことだ。

5. 酸素濃度との関係

電車や人ごみの中で片頭痛になったり、山登りや運動中に片頭痛を感じる人も多い。片頭痛は酸素の濃度と関係があると言われている。片頭痛が生じた時は、できるだけ空気のきれいな所で過ごすとよい。部屋に空気洗浄器を取り付けるのも一つの手だ。

6. 家にいることが牢獄に感じる

片頭痛が生じた際に、外に出ることがとても不安に感じる。出先でめまいや嘔吐など、最悪なケースを考えると、恐ろしくて外出どころではない。ひたすら家に引きこもってしまうが、それが長く続くと牢獄にいるようなに思えてしまう。

gigamen_Cluster_Headache_Problems02

アメリカでは別名自殺頭痛とも言われているようだ。アメリカでは一般人も銃を持っている人が多く、この頭痛に襲われると激痛から解放されたいがために衝動的に銃で頭を打ち抜いて自殺する人がいるそう。。。片頭痛とはこんなに厄介な病気なんだと改めて知らされた。

参照元:Prevention

この記事をシェア
0 0
記事のタグ