抜群の狙撃率を誇る、エアガンの最高峰

9840

ペイントボール競技の常連なら知っていると思うが、ペイントボール用のエアガンは、弾がなかなか真っすぐに飛んでくれない。正確に狙ったはずなのに、大外れの方向に弾が飛んでしまって苦い経験をした人は少なくないと思う。そんなオモチャのようなエアガンが多い中、この「Carmatech SAR12 Sniper (カルマテックスナイパー)」だけは別格だ。60 m程度先の的なら楽々、90 m以上離れていても見事に弾を的中させる抜群の正確さを持っている。

その秘密は見ての通り、特別に長い銃身にあるようだ。ハンマーヘッドタイプの銃身は長さ20 cm。ライフリング(銃身内の螺旋状の溝切り)がされている。ライフリングがいかに弾の直進性を高めるか、特に説明する必要はないだろう。ボディは航空機に使われる高品質アルミニウムと強化ポリウレタンで出来ているので、見た目のイメージを裏切って、断然軽い。

また、採用されている12ラウンドのマガジンは6X6のデュアルスタックで、特許申請中だ。さて、この最高峰モデル、Carmatech SAR12 Sniper (カルマテックスナイパー)お値段は、ほぼ1,000ドル(約9万7千円)。ライフルのような正確さを手に入れるためにこの値段は、高いか安いか……?

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ