彼女を共犯者にできる?芋虫形ボトルのテキーラ

1243

メスカル(テキーラ)をこよなす愛するあなたでしたらおわかりでしょうけれど、粋な飲み方のひとつに、グサーノ・ロホ、素材となる竜舌蘭につく虫をつまみに飲るというのがあるのです。
グサーノ・ロホの排泄物が、灼けるようなメキシコの太陽に乾かされて塩分だけとなり、これを舐めながらメスカルを飲るのが彼の国の粋。もっとも最上のつまみはガラガラヘビの生肉をつまみながら、メスカルを飲るというものだったりするのですが。

テキーラ・サンライズ? ふふ、そんなまやかしのカクテルで、メキシコを語ろうとするなんて大間違い。

少なくとも市場で山と積まれている芋虫をつまみに飲れるぐらいの肉食系じゃなくっちゃ、世界は語れないのです。
彼女を部屋に呼んで、メキシカンパーティーを開きましょうか。ソンブレロをかぶって壁に貼った若き日のクリント・イーストウッドのポスターに向かって狙いをつける。
テーブルの上には画像の「カスタ・パッション・アネホ・ウォームボトル」。

言い忘れました。グサーノ・ロホは、現地では愛を成就させる芋虫としても有名です。あなたが彼女を共犯者にできるかどうかは、秘密の夜、このカスタ・パッション・アネホを一緒に飲れるかどうかにかかっているのです。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ