ポルシェが電気自動車を作ったらこうなる

1203
未定 詳細なし

ポルシェは14日、フランクフルトモーターショーの開幕前夜に行われた「フォルクスワーゲン・グループ・ナイト」において、コンセプトカー「ミッションE」を初公開しました。

ポルシェがEV を作ればニュルブルクリンク北コース8分を切

 ポルシェにとっては初めての完全な電気自動車(EV)となったこの「ミッション Eは、モーターを前後に1基ずつ搭載し、その合計出力は600馬力以上となっている。2基のモーターによる4輪駆動4輪操舵になっており0-100km/h3.5秒以下、200km/hまで12秒未満で加速し、あのニュルブルクリンク北コースのラップタイム8分を切れる性能を持つとされる。

水平対向エンジンさえ捨てた911の未来

 ミッション E」に搭載されるリチウムイオン・バッテリーは他のEVと比べると電圧が2倍の800Vになっており、短時間で複数回の全開加速が可能になり、1回のフル充電による航続距離は500kmを超えるという。さらに、800の「ポルシェ・ターボ・チャージング急速充電システム)」を使用した場合には、容量の80%まで、15という短時間でので急速充電が可能になっていて400kmが走行可能になるそれ以外の一般的な400の充電器も使用できる。また、ドア・ミラー代わりカメラ有機LEDを使用した3Dディスプレイが装備されコクピットには、ジェスチャー・コントロールでナビゲーション・システムや空調の操作が行えるという。

水平対向エンジンさえ捨てた未来911こうなるのでしょうか。

参照元:CAR AND DRIVER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ