早過ぎたお掃除ロボット 任天堂チリトリー

3961

技術革新が早すぎた為、人々が付いていけず全く評価されず放置されていた物が後に評価を高める様を「早過ぎた○○」と呼びます。早過ぎた天才、早過ぎたフォーク青年・・・。そのカテゴリに入るであろう商品が無線クリーナー「チリトリー」です。

チリトリーは世界の任天堂が1979年に開発した無線クリーナーです。 コントローラーでチリトリーを汚れた箇所に誘導しゴミを吸い込みます。動きについては動画も併せてご覧ください。発売から30年経過した今でも全く古びた感じがありません。「欲しい!」と思ってしまいます。

30年前に登場したチリトリーは任天堂が製造した玩具の一種として発売されたようです。現在では家電各社が掃除ロボットを販売していますが、このチリトリーはその原点と言えるでしょう。

時代を先取るニューパワーであったチリトリーの評価が30年後の現代で高まっています。まさに早過ぎた掃除ロボットだったのです。そしてチリトリーを発売した任天堂がその後ゲーム会社として世界企業になるという事はこの時誰も知る由も無かったのです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ