打倒windows ASUSがボックス型PCを発売へ

1521

皆さんがパソコンと聞いて思い浮かべるものは、「Windows」か「Mac」でしょう。たまにLinuxと言う人が、居るかもしれませんが。まさかトロンという人は居ないでしょうね。4月でWindowsはWindows XPのサポートを終了します。これが、Windowsのやり方なんですよね。次々に新しいOSを販売して、古いOSを使わせないようにして収益を上げる。しかも、新しいOSは必ずどこかが変わっていて、ユーザーインターフェースが非常に悪い。でも世界でトップシェアを誇っているから、それが許されるのでしょうねえ。競争なき企業に成長はありません。

Windowsを倒すべく立ち上がったのがGoogleです。Google Chrome OSと言うOSを制作し、シェア拡大を狙っています。ASUSがGoogle Chrome OSを搭載した激安のボックス型PC「Chromebox」を発表し、打倒Windowsを狙っています。Chromeboxは大型ディスプレイと接続可能な上に、CPUはCeleron 2955U、Core i3-4010U、Core i7-4600Uのオプションから選択することが可能です。さらにGoogleサーバーに100GBまでファイルをアップロードすることが可能となります。

OSもGoogle!の波は確実に訪れているようですね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ