爪のついたクロックスを履いて相手をビビらせてみないか?

1745

地球上の生物は、全て「進化」をして現在に至っている。現在海の中で生活している生物が、かつては陸上で生活していたり、逆に海で生活していたのに陸に出てきたり、という、ケースが有る。殺虫剤で殺していくうちに、殺虫剤が効かない虫が登場してきたりすることもある。

人間には手と足に爪が付いている。これは、我々の祖先が長い爪で相手を攻撃したり、機器から身を守るために使用されていたようだ。爪で攻撃する必要がなくなると同時に、人間の爪は短くなり、現在の長さに落ち着いたと言われている。

ならばたまには進化に逆行してみてはどうか。「Clawz are Crocs」は見ての通り、長い爪と熊のような脚のかたちをしたクロックスである。なんだこれは?面白くない?くだらない?と思ってしまうが、履いてみると結構楽しいかもしれないぞ。

Clawz are Crocsはゴム製で、柔らかい構造となっているので安心して欲しい。仮に装着してトーキックやドロップキック、顔面蹴りしても大丈夫である。ただ、雪道に足跡をつけると気味悪られそうだが。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ