人間の命を救う新システム

899

世界各国で災害や火災から人間の命を守り、人命救助の為に炎の中に飛び込む消防士は全世界で尊敬される存在です。2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロではニューヨークの消防士達が人命救助に奔走し、国民的英雄となりました。

9.11で崩壊した世界貿易センターの救助活動に従事した消防士達は、他の消防士と比較して発ガン率が19パーセント高かったというデータが出ています。崩壊の際に多環式芳香族炭化水素(PAH)やポリ塩化ビフェニル(PCB)、ダイオキシンなどを吸い込んだことが原因と考えられています。

消防士の命を少しでも守りたい。そんな願いから開発されたのが空気清浄マスク「CASクリーンエアシステム」です。2.5ミクロン未満の粒子をフィルタリングし、消防士の命を守ります。9.11に限らず、アメリカではガンは消防士の職業病とまで言われています。人間の命を守る消防士の命を少しでも守るCASクリーンエアシステムは、世界の消防士に着用してもらいたいマスクです。

消防士に限らず、肺を守る事の出来る CASクリーンエアシステムは様々な場面で使うことが出来そうです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ