開けば必要なものが瞬時に取り出せるバッグ

3468

確実に入れたアレやコレがバックパックのどこかに飲み込まれてしまって、絶対にその時に見つからない。そして後から奥の方から発見される。個人的に言うと、バックパックに入れたモバイルWiFi。中が瞬間的にブラックホール化してるんでしょうか?

鞄に入れると重さを感じるノーパソもバックパックだとなんだか軽くなるような気がする。だが中ではケーブル、充電器などが収集つかない状態になっている。ここをなんとかしたのが「Cocoon’s Slim Backpack (コクーンスリムバックパック)」。

コンパートメントはざっくり2か所。1つはおなじみノーパソ収納部。ここは通常あまり問題のない場所だ。そしてもう1か所がミソ。ソフトスーツケースでいうとフタの部分のようなつくりになっている。ゴムバンドがついているので、細かいアイテムをここに配置して固定してしまえるのだ。さらに従来の定位置に入れるタイプと違いCocoon’s Slim Backpack(コクーンスリムバックパック)の場合、自由にゴムバンドの間隔を調整できるので、スマホ、財布、鍵など自在にレイアウトして必要なアイテムは一目瞭然にキープできる。

駅でカードに速攻チャージしなきゃならない、中をゴソゴソせず、パッと開けて瞬時に取り出せる。動きがスマートとか以前に、あの「ない、ない、ないよ!」のイライラがなくなるのはかなりポイントが高い。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ