実際コーヒーは一日何杯まで飲んで大丈夫?

2527
未定 詳細なし

美味しいコーヒーを飲んでいると、ついつい何杯もおかわりしてしまいますよね。でも、実際はカフェイン摂取量等気にすることもありますよね。今回はそんなコーヒーは何杯まで飲んで大丈夫かということを調査してみました。

コーヒーは何杯まで飲んでも大丈夫か知っていますか?

コーヒーといえばまず気になるのがカフェインですよね。そもそもカフェインって体にどんな影響があるかご存知ですか?カフェインの作用としては、中枢神経を興奮させることによる覚醒作用および強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用などがあるそうです。ちなみにカフェインを摂取しすぎると、骨が弱くなり、最悪の場合死亡してしまうこともあります。

1日235g以上のカフェインで頭痛等の症状が起こることもあるそうなので、目安としてはカフェイン摂取量235g以下。

では、この235gはどれくらい飲めば超えてしまうのかというと、緑茶235mlで30gから50g、インスタントコーヒー235mlで62mg、コーヒー(豆から抽出したもの)235ml:95mgという数値が出ています。ということは3杯飲んでしまうと、カフェイン摂取量が235gを超えてしまうので、目安としては2杯ということになります。インスタントコーヒーでは3杯まで大丈夫ですね。

今まで何も気にせず飲んでいた方は知らないうちに頭痛に悩まされたり、コーヒーを飲まなければ落ち着かないなんてことになっていませんか?

それはカフェイン摂取の過多です。気をつけて、美味しくコーヒーを飲みましょう!

記事参照元 http://www.prevention.com

この記事をシェア
0 0
記事のタグ