セアトのSWCC参戦マシン、レオン・クーペレーサー登場!

1148
未定 詳細なし

スウェーデンのレースチームPWR Racing Teamは、2016 シーズンのSTCC(スカンジナビアン ツーリングカー選手権)に参戦するためにセアトのCセグメントモデル“Seat Leon”をベースに製作したレースマシンSeat Leon Coupe Racerを発表しました。

市販車にはないクーペボディに420馬力のV6エンジンを搭載!

ワンメイクレースマシンや“TCR”マシンと多くの技術を共有するというこのレオンクーペ レーサーだが、STCCのレギュレーションに合わせて最高出力420psを発揮する排気量3.5L V6気筒エンジンを搭載。また、市販車にも無いクーペスタイル(レオンはハッチバックとステーションワゴンをラインナップしている)を採用するのも特徴になっています。したがって名称は「セアト・クーペ・レーサー」なのです。

セアトとは?

日本では馴染みの無いセアトですが、フォルクスワーゲングループの中のアウディブランドに属し、スペインのカタルーニャ州に本拠を置く 欧州の大手自動車メーカーです。「セアト・レオン」は2012年に発売、「アウディA3VWゴルフと共通のプラットフォームを採用しています。ちなみに日本で販売されている「アウディQ3」はセアトの工場で生産されています。

セアト公式サイト http://www.seat.co.uk/

STCC公式サイト http://www.stcc.se/   

記事参照元 http://www.carmag.co.za

この記事をシェア
0 0
記事のタグ