アメリカには、ありえない「交通法規」が実際にあるらしいというお話。

126
未定 詳細なし

交通法規とは、自動車及びその周りの歩行者が安全に道路を使用するために設けられている。それは国及び地方時自体が設定するもので、土地柄によって多少の違いはあるものの、その基本概念は同じはず。

しかし、頭をかしげる交通法規が存在するのも確かなのである。そんな中から、特に自動車先進国のアメリカでは州ごとに独自の変わった法規を持っているようで、いくつかご紹介しましょう。

アラバマ州 目隠しをして運転してはならない。

よそでは許されても、アラバマ州ではダメということですね。確かに他の国の交通法規には禁止事項にはなっていないので、この地を訪れる際には、注意しなければなりません。

アラスカ州 車の屋根に犬を載せてはならない。

動物愛護の精神からいっても、もっともな交通法規でしょう。なぜなら、暖かい地域では問題なくても、アラスカでは犬が凍死してしまうからです。

アーカンソー州  冷たい飲料やサンドイッチを提供している地域で、午後9時以降にクラクションを鳴らしてはならない。

夜間の騒音対策と思われるが、冷たい飲料とサンドイッチは世界中で提供されており、アーカンソーでも珍しくないはず。あえてそれを限定的に帰することで、全ての市街地では夜間は静かにしろということか。

カルフォルニア州 運転中の女性は部屋着を着用してはならない。

へんに思れる法規だが、わかる気もする。カルフォルニアの女性の部屋着はわき見運転を誘発されるほど、きっとスゴイものなのだろう。裸でも「これが私の部屋着よ!」という人がいたのでしょう。

フロリダ州 パーキングメーターにゾウやヤギ、あるいはワニを残す場合は、車両と同様に駐車料金を払わなければならない。

もっともな法規です。その場所を占有するわけですから。ゾウなら2台分でも足りないでしょう。ゾウをメーターにくくり付けた人が過去にいて迷惑したのでしょう。行政の素早い対応なのかも。

モンタナ州 無人のクルマの中に羊を残してはいけない。

夏になると幼児の置き去り事故のニュースが絶えませんが、モンタナでも問題になっているようです。詳しくは知りませんが、羊は家族同様に扱われる土地柄なんですね。

ニュージャージー州 警察官に眉をひそめることは違法である。

何があったんでしょうか。

参照元:First to know

この記事をシェア
0 0
記事のタグ