古き良き香りを残す最新ラウンジチェア 

1033

イームズラウンジチェアをご存知でしょうか。1956年チャールズ&レイ・イームズがデザインを手がけ、ハーマンチェア社が発売したリラクゼーションチェアです。モダンな雰囲気と思いっきり足を伸ばしてリラックスが評判となり、超ヒット商品となりました。

イームズラウンジチェアの発売から56年後の2012年、デザイナー・リカルドマルコス氏が「クアトロ(Cuatro)」と言うラウンジチェアをデザインしました。イームズラウンジチェアのコンセプトである「19世紀のイギリスのクラブチェア」の匂いを取り入れつつ現代の質の良い素材をシートに使用した、温故知新のチェアなのです。

背もたれの角度は人間が快適に休める角度に設定され、読書にも転寝にもピッタリ。シートも分厚く設定されていますので、ゆっくり休むことが出来ます。テーブルを置いてPC作業にも持って来いです。

クアトロ(Cuatro)に寝そべりながらスポーツ中継を眺め「まだだ!まだ終わらんよ!」と叫んでしまいそうです。それもまた若さゆえの過ちなのかもしれません。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ