カスタマイズのプロがカスタムしたハーレー

5001

ハーレーダビットソンと言えば泣く子も黙るバイクメーカーだ。バイク好きはもちろんのことバイクをあまり知らない人でも「ハーレーダビットソン」と言う名前は聞いたことがあるだろう。アメリカらしい大きさ、重厚なエンジン音。ハーレーに魅せられている人は全世界に存在している。

ハーレーの中でも人気が高い車種がXL1200Rだ。初代のXL1200Rは1957年に発売された。従来のハーレーからよりスポーティに改良した事が最大の特徴で、「スポーティ」と言う愛称で55年と言う長きに渡り親しまれてきた。

個人で自分仕様にカスタマイズして乗っている人も全世界に何万といることだろう。そんなXL1200Rをカスタマイズ専門会社がカスタマイズ。「Shaw Speed & Custom XL1200R(シャウスピード&カスタム)」として発表した。
主にカスタマイズされた点は前面と後面の高さを少し下げ、オーダーメイドのリアフェンドに変更。タイヤもメッツラーカルーデュアルスポーツタイヤに変更。その他は手に入れて乗ってみて体感して欲しい。

55年の歴史 を踏まえてプロが改良を加えたShaw Speed & Custom XL1200R(シャウスピード&カスタム)。このバイクにはステッペンウルフのBorn To Be Wildが良く似合う。手に入れることが出来たら跨ってBorn To Be Wildを聴きながらワイルドに走行したいものである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ