人が近づくと強制的にウィンドウを隠すガジェットに注目してみた

1588
59.99ドル(約6400円)詳細ページ

家族の目を気にしながら、自分の部屋のPCでいかがわしいコンテンツを見る人はきっと欲しいはず。英国発、人の動きを検知すると全ウィンドウを隠す、レーザーを用いたガジェット『DayTripper』が9月現在、オンラインマーケット「tindie」で好評販売中です。

発信器の置き場所、向きが重要。

『DayTripper』は動きセンサーを搭載した発信器とPCのUSBポートに挿して使う受信器からなります。保護カバー付きの発信器は電源ボタンを押してからドアの外側の床などに設置します。注意すべきは、基板むき出しで目立つ「罠」の置き場所、センサーの向きです。部屋に入ろうとする人の動きを検知しなければ、設置する意味がありません。

発信器のセンサーが動きを検知できる距離は最長120cm。動きを検知すると、その情報は目に安全なレーザーで受信器に送られ、強制的に全ウィンドウが隠れたデスクトップ画面、もしくはロック画面に切り替わります。自分の部屋への予期せぬ来訪者に慌てふためき、いかがしいコンテンツが映る画面をうっかり見られることはもうありません。

安心してPC画面に夢中になれる。

自宅で一緒に暮らす家族や同居人に見られるとまずいPC画面なのにすっかり夢中になっている時、その画面をマウスやタッチパッドから離れて観賞している時、『DayTripper』は大いに役立ちます。このガジェットが今すぐ欲しいという人は便利な電子部品を製作者から直接購入できる「tindie」を訪問してみましょう。

参照元:Tindle COOLTHINGS

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ