クール!カセットプレーヤーそっくりのモバイルバッテリーが登場

245
USB充電器は45ドル(約4800円)~、モバイルバッテリーは35ドル(約3700円)~詳細ページ

レトロなデザインがクール。米国の古い両替機の形をしたUSB充電器『RepliTronics Charge Machine』、カセットプレーヤーそっくりのモバイルバッテリー『RepliTronics Hotline 16000』の商品化プロジェクトが今夏、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開されました。

マニアックな両替機そっくりのUSB充電器も。

『RepliTronics Charge Machine』は80年代の米国のゲーセンにあった両替機の形をした6口USB充電器。高さは22cm。背面でUSB機器を同時充電できるのは便利ですが、何も充電せず、前面のレトロなデザインを眺めるだけで満足なマニアもいるはず。「ストリートファイター」などのアーケードゲームの隣にあった両替機の模型は「本物」と同様、材料に木が使われています。

『RepliTronics Hotline 16000』は携帯カセットプレーヤーを再現したモバイルバッテリー。大きさは「本物」と変わらず、容量は16000mAh。両替機の形をしたUSB充電器と同様、デザインがクールですが、こちらの方が実用的と思われます。というのも裏面にはワイヤレス充電パッドがあり、USB-CポートとUSB-Aポートからも急速充電が可能。形にピンと来る人も少なくないでしょう。

商品化へのハードルを越えるまであと少し。

『RepliTronics Charge Machine』と『RepliTronics Hotline 16000』の商品化プロジェクトは1000人以上から支援を集めているものの、9月上旬時点で目標金額の8万ドル(約852万円)にわずかに届いていません。商品化の行方が気になる人はプロジェクトページ、あるいはクリエイターであるNew Wave Toysのウェブサイトにアクセスしてみてください。

参照元:NEWAVETOYS , KICKSTARTER

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ