風邪対策!暖かい季節に最適のネックウォーマーを巻いてみた

1932

春から秋にかけて使えるネックウォーマーを探している人にうってつけ。中国製の『Demil Headband』の12枚セットをAmazon.co.jpで購入したので、今回の記事ではその使い心地をレポートします。

12色セットなら、お気に入りが何枚も見つかる。

商品名に「ヘッドバンド」とありますが、ネックウォーマーやフェイスマスクとしても使える『Demil Headband』。生地はマイクロファイバーで、極薄の腹巻きのよう。頭からかぶるだけで、上下の端が程よく丸くなり、首をふんわり包んでくれます。巻き心地は良く、気温が20度を超える外を歩いている時もベッドで寝ている時もほとんど気になりません。

今回買ったネックウォーマーの黒色をぬいぐるみの首に巻いてみましたが、まずまずオシャレに見えるのではないでしょうか。筆者は無地の12色セットを購入し、外出時はスニーカーか靴下のどちらかと同じ色を巻いています。12色もあれば選ぶのが楽しみですし、自分のお気に入りの色が何枚も見つかるでしょう。

 洗濯機で洗ってもよし、手で洗ってもよし。

暖かい季節でもネックウォーマーを巻く理由は、筆者が喉を傷める直前はほぼ必ず首を冷やしていたからです。松井孝嘉医師の著書(首を温めると体調がよくなる)には「首を温めることはあらゆる病気の予防につながる」「風邪と首は密接な関係にある」と書かれています。ちなみに筆者はネックウォーマーを巻くのを習慣付けるようになったここ半年以上、風邪とは無縁です。

最後に『Demil Headband』の洗濯について。筆者は洗濯ネットに入れたネックウォーマーと一般的な洗剤を洗濯機に入れて洗い、室内物干しで乾かしています。驚くほど早く乾きます。お気に入りの1枚をサッと洗い、すぐ身に付けたい時は、冷水と石鹸・洗剤を使って手で洗うと良いでしょう。

参照元:Amazon

この記事をシェア
0 0
記事のタグ