素敵すぎのバイクDerringer Cycle

1970

あなたはバイクに乗った事があるだろうか?バイクは危険、雨で濡れるし、車の方が楽という意識もあり無駄を省く傾向にある現代の若者はバイク離れが進んでいるらしい、16歳になった当日にバイクの免許を取りに行ったほど強い憧れをバイクに持ちながら青春時代を過ごした僕は声を大にして言いたい。

若者よ!バイクに乗りたまえ!!!うん?なんでそんなにバイクを進めるのかって?その答えは簡単である!バイクという乗り物は乗っていてとっても楽しいのです!どん!ただそれだけ!どーーん!

そう!そうなのだ!バイクという乗り物は確かに無駄な部分も多いが乗るとそれを覆すほど楽しみも与えてくれるのだ!しかもこのバイクを見てほしいこんなにシンプルで可愛いデザインでしかもエコなバイクがあるんです!

もう1度言わせて欲しい、若者よ!バイクに乗りたまえ!

gigamen_Derringer_Cycle01

このデザイン性の高さは異常Derringer Cycle

この素敵過ぎるデザインを見て欲しい、米国カリフォルニアで作られる「Derringer Cycle」、今回紹介するのは自転車とバイクの間のようなデザイン、一般的にはモペットと言われる種類。

走りだしはペダルでサポートしてスピードが出たら足を止めるという独特の走り方、なんだかそんなちょっと頼りないところまでかわいく見えてしまうのは僕だけか???

gigamen_Derringer_Cycle02

 

1台1台手作りて製作されているため色の変更など細かなカスタムも可能、気になるお値段は3500ドル(35万円)手作り故に通常の原付よりはやや高めだが、手の出ない金額でもない気がする。

このかわいいバイクに乗って知らない隣町に行ってみるなんてロマン溢れる事をやってみたいと30歳になっても思ってしまう僕は少年の心を持つ素敵な大人なのか、はたまた大人になりきれていないだけなのか?笑

 

参照元:Derringer Cycle

この記事をシェア
0 0
記事のタグ