未来の燃料は空気?圧縮空気で走るバイク

1315

空気を燃料にしてエンジンを動かせることができたらどれだけ地球の環境に良いことだろう。RMIT大学工業デザインの学生Dean Bensteadが、圧縮空気の可能性を探求したいという理由からデザインしたこの02 Pursuitは、オーストラリアのEngineAir社が開発した圧縮空気エンジン Di Pietro air engineを使用し、そして250ccモトクロスバイクのスペックを元に作り上げたプロトタイプのバイクだ。
この圧縮空気エンジンDi Pietro air engineは圧縮した空気を動力に換える機能を持っている。このプロトタイプは設計を重視して作ったとのことで、走行時速100km、この先の開発ではもっと性能を重視して作ることもできるとのことだ。11月25日こちらのオーストラリアのシドニーで開催されるモーターショーで展示されるそうだ。この先もっと研究が進み、環境を考えた作品がこうやって増えていくことに期待したい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ