知らなければ良かった・・・ファーストフードの恐ろしい真実【前編】

12965
未定 詳細なし

世は発展し、人々は多忙を極めるようになり、利便性を求めるようになりました。それに伴いファストフードチェーン間の競争は激しさを増し、マクドナルドのハンバーガーはなんと1秒に75個以上が売れているそうです。

調理は極はやく、オーダーされたものは数分で目の前に、そしてガツガツっとハイスピードで食べられる。ファーストフードは今の時代にぴったりと言えばぴったりではありますが、世にも恐ろしいファーストフードの真実を知った後もファーストフード店にはたして足を運べるかどうか・・・

もっとはやく知っておけば良かった、いや、知らなければ良かった、と思う20の世にも恐ろしいファーストフードの真実を【前編】と【後編】に分けてお届けしましょう。

1. 脳と見た目の劣化

ファーストフードというと皆さん、カロリー、塩分、そして糖分をまず第一に気にしますよね?ところが恐ろしいのは高カロリーや高塩分、高糖分だけではないんです。ファーストフードは私たちの脳に悪影響を及ぼすということが研究内容から明らかになったそうです。

定期的にファーストフードを食べると脳への血の流れが悪くなり、数年後には血色悪く疲れたような顔つきになり、その見た目はまるでリアル・ゾンビ。

2. 大腸菌に汚染されたドリンクディスペンサー

ファーストフード店でバーガーなどを頼んだらほとんどの人がドリンクもセットで頼みますよね。ドリンクが注がれるあのドリンクディスペンサーには微量ながらコリフォーム細菌という大腸菌が。

このコリフォーム細菌を摂取したからといって死に至るわけではないのですが、ディスペンサーは病原性大腸菌にも汚染されています。病原性大腸菌を口にした場合にはひどい食中毒が引き起こされ、そして最悪のシナリオは死・・・

gigamen_disturbing_fast_food_facts_former01

3. 体を蝕む高果糖コーンシロップ

一般向けには販売されていない砂糖の代替品である高果糖コーンシロップ。ファーストフード店で出されるドリンク類には必ず入っている物質です。

甘みが強く安価なためファーストフード店やファミリーレストランなどで普通に使われていますが、この高果糖コーンシロップがかなりの曲者なんです。

歯のエナメル質を剥ぎ落とし、胃壁を引き伸ばし、内臓を傷めるのが高果糖コーンシロップです。高果糖コーンシロップを摂取するくらいなら砂糖ジャーから砂糖をがぶ飲みしたほうがマシだという説もあるくらいです。

4. 口にして大丈夫?グリセリン入り玉子

ファーストフード店で使われている玉子、フレッシュなものはないと考えて良いでしょう。ほとんどが添加物・防腐剤たっぷりの異常に長持ちする玉子です。石鹸などに含まれていてお風呂でお世話になることが多いグリセリン混合のものも。

潤いを保つクリームや化粧品に含まれているグリセリンは少量であれば毒素は低いそうですが、やっぱり分かっていて口にするのは怖いですよね。

gigamen_disturbing_fast_food_facts_former02

5. ヨガマットの素材と同じ物質が使われていたパン

あまり知られていないけれども実はマクドナルドよりも巨大なメガファーストフードチェーンのサブウェイ。ボリューミーなサンドイッチで特に男性に大人気。

でも、かつてサブウェイで使われていたサンドイッチ用のパンにはアゾジカーボンアミドと呼ばれる食品添加物が含まれていました。このアゾジカーボンアミド、恐ろしいことにヨガマットにも使われていた物質だとか。

今ではサブウェイのパンにはこの物質は使われていないそうですが、過去にサブウェイのサンドイッチを食べた人は良い気分ではないはず。

6. アメリカではハエの卵や虫入りソースがサーブされている?!

米国食品医薬品局はなんとなんと!!!(皆さんっ、覚悟はいいですか?!)トマトベースのソース100グラムにつきハエの卵30個まで(ゾーーーーッ)、もしくは蛆虫1匹まで(ぎゃーーーーーーー!!!)は許容範囲内だそうですよ!

筆者は今この記事を書きながら体を掻きむしっています。鳥肌も立ってきました。

7. ビーフバーガー1つに百頭以上の牛さんが・・・

1つのバーガーのビーフパテにそれはそれはたくさんの牛からとられた牛の各部位が混ぜ込まれているんです。

安い部位を混ぜ込んで防腐剤・添加物などもミックス、丸く切って冷凍、世界のファーストフード店の冷凍庫へと運ばれていくわけです。

gigamen_disturbing_fast_food_facts_former03

8. ファーストフード店のチーズはチーズじゃない

バーガーに美味しいとろけるチェダーチーズは欠かせませんよね。でもファーストフード店で出されるバーガーなどのチーズ、1枚のうち半分は化学物質、添加物、そして脂肪といったところ。はたしてこれをチーズと呼んでいいのかどうか。

9. 私たちは「二酸化シリコン=砂」を食べている

スパイシーな食べ物好きな人は要注意!ファーストフード店で出されるスパイシーな食べ物の代表格バッファローウィングスなどには、二酸化シリコンと呼ばれるシロモノが含まれていますが、これ実は「砂」にも多く含まれる物質なんです。

ついに私たちは化学物質、添加物だけではなく、砂までも食するように?!

10. 化学物質のシェイク

ファーストフード店のシェイク、一時爆発的にヒットしましたね。特にマックシェイクのクリーミーで甘いシェイクは大人気です。ですがファーストフード店のシェイクには、庭にまく化学肥料よりも多くの化学物質が含まれているとか?!もうシェイクは飲めません・・・

gigamen_disturbing_fast_food_facts_former04

いかがでしたか?と聞くのもためらってしまう内容です。「事実は小説よりも奇なり」を地でいく恐ろしいファーストフードの話でしたが、身の毛もよだつファーストフードの話はまだまだ続きます。

後編もがっちり読めば「もうファーストフードは口にしない!」と決断できるかも。筆者は前編だけでいっぱいいっぱい、ファーストフードは2度と口にしないことを早くもここに宣言します・・・

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ