知らなければ良かった・・・ファーストフードの恐ろしい真実【後編】

12231
未定 詳細なし

【前編】では10のファーストフードの恐ろしい真実をご紹介しましたが、ここまで恐ろしい内容だとは筆者も想像しておらず、背筋を凍らせつつ執筆しています。

残り10のファーストフードの恐ろしい真実、恐怖度は加速します・・・ それなりの覚悟を持ってお読みください。

11. 永遠の美を誇る・・・バーガー?!

雨季、消費期限をとうに過ぎた食べ物を見つけて、そのおぞましい姿に「うぷっ」となった人、多いのでは?

でもマクドナルドのバーガーは14年後もカビもなく美しい買ったときのままの姿だそうですよ。自分が14年後も若いピチピチのお肌を保っていられたらそれは嬉しい以外のなにものでもないのですが、バーガーが14年間その姿を変えないというのは非常に恐ろしい話ではないですか。

バーガーだけどバーガーじゃない、バーガーだけど食べ物じゃない。でも食べ物は腐るもの。綺麗なまま10年以上ももつというのは化学物質、防腐剤などの塊、いわばプラスチックのようなものだといえます。

gigamen_disturbing_fast_food_facts_latter01

12. いつまでたっても揚げたて状態のフライドポテト

ファーストフード店のフライドポテト、ほくほくかりっ、食べだしたらやめられないお約束のサイドメニューですよね。

でもこのフライドポテト、ファーストフード店のバーガー同様、数年が経過しても、「あれ?さっき揚げた?」と思うほどフレッシュな見た目。虫もバクテリアも食わないフライドポテト、あなたは食べたいと思いますか?

13. バニラシェイクとラズベリーシェイクに含まれる「海狸香」の正体

ファーストフード店のメニューによくあるシェイク。甘さを加えるために使われている「カストリウム(海狸香)」を知っていますか?

なんとビーバーの肛門近くにある香嚢から採られた分泌物なんです、これ(筆者、ショックで顎が外れました)。

gigamen_disturbing_fast_food_facts_latter02

14. チキンが含まれていないチキンナゲット?!

チキンをマッシュして作る手作りチキンナゲット、できたてはさくっとジューシーで美味しいですよね。でもファーストフード店のチキンナゲットはチキンと謳っているにもかかわらずチキンは含まれていないとか?!

では何が含まれているのか・・・肉の脂肪、軟骨などの骨、繊維、そして細胞組織などでできているそうです(驚愕)。まさに「ジャンクフード」です。

15. アヒルの羽のパイ

ファーストフード店のデザートの王道アップルパイ。あつあつを頂くのが最高ですが、このアップルパイにも奇妙な物質が含まれているとか・・・ もう何を言われても私は驚きませんよ。

L-システインというアミノ酸だそうです(ちょっとホッ)。

でもこのL-システイン、皮膚、髪、爪に存在していて、あひるの羽からも抽出されるとか。

アップルパイならぬアヒルの羽のパイの出来上がりです。(やっぱり嫌だーーーー!!!)

gigamen_disturbing_fast_food_facts_latter03

16. サラダを頼んでおけば本当に安全でヘルシー?

ファーストフード店でもヘルシー派のためにサラダメニューが用意されていますが、このサラダメニュー、本当にヘルシーなんでしょうか?

ファーストフード店でサーブされるサラダは飽和脂肪やナトリウム分の高いものが多く、ビッグマックよりも体に悪いサラダもあるとか・・・

17. バーガーもフォトショ効果で美しく

ソーシャルネットワーキングサイトが当たり前になり、自撮りする人々が増え、多くの人が自分を美化するため写真にフォトショップで無理やりいろいろな細工を施していますが、ファーストフード店のメニューも例外ではありません。

ネットや店頭で目にするファーストフードのポスター、いまにもジュージューとできたての美味しい音が聞こえてきそうな写真はプロのなせる業です。騙されてはいけません。

gigamen_disturbing_fast_food_facts_latter04

18. 子供の態度に異変が

ファーストフード店で出される子供向けのメニューにはカラフルなものが多いですが、子供が食用色素を過度に摂取すると、極度に活発になったり、短気になったり、ひどくなるとADHD(注意欠陥過多動症)を発症することも。

19. 昆虫から採取された色素

ファーストフードのミルクシェイクやキッズメニューのカラフルなケーキなどに使われている食用色素、赤みがかったものは昆虫から抽出されたものである可能性大です。

コチニールカイガラムシという昆虫を乾燥させて砕いたものが色素として使われるんですが、くれぐれも画像検索しないように・・・

20. 最後の最後に本当に恐ろしい事実

マクドナルドに行って、バーガーのスモール、フライドポテトのスモール、そしてコーラのスモールを頼んだとします。ビッグマックメニューのスーパーサイズを頼むわけじゃないから特に問題はないでしょ、とお思いのあなた、その考え改めませんか?

このスモールメニューを口にしたことで体に取り込まれたカロリー、塩分、そして飽和脂肪を体内から排除するには、4時間ものウォーキングが必要となるんです。さっきビッグマックのラージメニューを完食してしまった?今すぐ6時間のノンストップ・ウォーキングに行ってらっしゃい!

gigamen_disturbing_fast_food_facts_latter05

異物混入問題が立て続けに発生している作今、ただでさえファーストフード店は敬遠されがちなのに、間接的ではあれファーストフード店での虫や化学物質の利用がまかり通っているのは驚きを通り越して恐怖を覚えます。

今回ご紹介したファーストフードにまつわる恐ろしい話を読んだあなた、それでもファーストフード店に行けますか?

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ