個人でもアドベンチャー映画が撮れてしまう?DJIの最新型プロ仕様ドローン PHANTOM 3

2047
¥188,000詳細ページ

ドローンといえば、最近の報道でご存じの方も多いかもしれない残念な使い方が記憶に新しい。でも、本来はもっと夢のある、これまでになかった世界を覗くためにあるもの。純粋に風景を、自然を、映像を楽しみたいというそんなあなたに、是非ご紹介したいのがこちら。

gigamen_DJI_Phantom_3_03

ドローン界でも猛烈な人気を誇るシリーズの最新型がデビュー

「ファントム」と聞いただけで、ガジェット好き・メカ好きのあなたなら「ドローン」あるいはイギリスの高級車を思い浮かべるのではないでしょうか?

もし前者だった場合、そのファントムを発売するDJIからリリースされた最新型『Phantom 3』の購入も検討するべきだということをお伝えしておきます。

gigamen_DJI_Phantom_3_02

基本的な操作や機能はこれまでのファントムシリーズと変わらないものの、個人でもアドベンチャー映画を制作できほどには進化しているよう。

展開中の2種にはアドバンス($999、日本円でおよそ¥12万円)とプロフェッショナル($1259、日本円でおよそ¥15万円)とがあり、アドバンスでは1080 / 60fpsで、プロフェッショナルでは4K / 30fpsでの動画撮影が可能というから驚きです。

高価なことには変わりはないものの、誰にでも壮大な景色が撮影できるようになったことを考えれば、クリエイトするには本当に恵まれた時代だとも思えるもの。新しいファントムで、あなたの物語を作ってみては。

参照元:Phantom 3(Amazon)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ