1冊の本をDNA分子にコード化する事に成功!

1084

ハーバード大学の分子遺伝学者「ジョージ・チャーチ」氏とその研究グループはゲノム工学に関する本を遺伝子構成要素のコードに置き換えることに成功しました。そして「1冊の本をDNA分子にコード化」する事に成功したのです。内容は5万3426語と11個の図がある分厚いものとなっています。

DNAはアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4種類塩基から配列を作り遺伝情報を決定します。チャージ教授らはこの情報を2進数に置き換え,5万3426語をすべてコード化することに成功したのです。チャーチ教授は「1冊の本をDNA分子にコード化する事により、DNA分子を資料保管する事ができるようになる」と話します。そして「多角的にDNAを使用することが可能となる」と話しています。

「アタシに難しい話は良くわからないのですけれど」とお嘆きの皆さん。簡単に言うと「遺伝情報を司るDNA分子を資料保存する事に成功した」と言う事なのです。遺伝に関する情報が確認できたり、DNA分子をあらゆる場面で利用できるようになるかもしれない、と言うのです。DNAを使用したセキュリティシステムなどへの利用が期待されており、この技術が世界で今注目されています。

[vimeo video_id=”47615970″ width=”400″ height=”300″ title=”Yes” byline=”Yes” portrait=”Yes” autoplay=”No” loop=”No” color=”00adef”]

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ