天才が考え中? 入室禁止を面白おかしく伝えるドアノブサイン4選

569
6.99ドル(約750円)詳細ページ

「自室のドアに『入らないでください』と書いた紙を貼りたいが、家の雰囲気を悪くしたくない」という人は必読。入室禁止という意味の「Do Not Disturb」と書かれたドアノブサインは世界中で販売されていますが、その中でも見た人がクスッと笑ってくれそうなサイン4種を今回は紹介します。

チョコを持っていなければ入れない部屋にすることも可

最初に紹介したいのは「Do Not Disturb Unless You Have Chocolate」と書かれたドアノブサイン。「チョコレートを持ってきてくれたら部屋に入っていいよ」という意味に取れるので、甘党の勉強家は自室のドアに下げておくと良いでしょう。板チョコの写真が入っているサインを見た人がストレスを低減するGABAチョコレートを差し入れてくれるかもしれません。

続いてあなたに見てもらいたいのは「Do Not Disturb Genius Thinking」の英文、ひらめきを意味する電球のイラストが描かれた一枚。「天才が考えている最中なので、部屋に入らないでください」という意味なので、勉強や仕事に集中したい人は自室のドアの取っ手に付けてみてはどうでしょう。「何が天才だよ」とドアノブサインを見た人から突っ込まれる可能性大ですが。

歴史に残る重大事が行われている会議室にすることも可

三枚目に紹介するのは、緑色の背景とゾンビの手のイラストが特徴的な「Do Not Disturb Unless the Zombies are Coming」。日本語に訳すと「ゾンビの群れが到来しない限り、邪魔しないでください」。起こしてほしくない時にドアノブに引っ掛けておくと良さそうですが、ドアノブサインを見た人にワッと驚かされるかもしれません。

最後にあなたに見てもらいたいのは「Do Not Disturb History Being Made」と書かれ、地球のイラストが添えられたドアノブサインです。「入室禁止。歴史に残るような重大事が行われています」という意味の英文を見た人は果たしてどんな反応をするでしょうか。引っ掛けるドアノブは家の仕事部屋より会社の会議室の方がふさわしいかも。

なお、今回の記事で取り上げた、プラ製で屋外でも使えるドアノブサインは米国のオンライン販売サイト「Graphics and More」から購入できます。

参照元:graphicsandmore1, ,

この記事をシェア
0 0
記事のタグ