あなたの体、手で触るといけないパーツ

2462
未定 詳細なし

自分の体なら、どこを触っても問題はないと思っていませんか?しかし、普段から無意識に触れているパーツでも、手は細菌の固まりと言っても過言ではないので、健康に良くありません。ここでは、手で触ると特に害がでる体のパーツを紹介します。

耳の中に指を入れては絶対にいけません。耳の中を清潔に保つためには、無理やり指で汚れを取ったり、かいたりすると外耳道の薄い皮膚を引き裂く原因にもなります。

耳の中に不快感を感じたり、痒みを感じた場合は、むしろ自分で何かをしようとするよりも耳鼻咽喉科医に行くとよいでしょう。

gigamen_do_not_touch_body_parts01

顔を洗うか、スキンケアをする以外で手で顔に触れる事は避けてください。無意識に顔周りを触る癖がある人も多いと思いますが、肌トラブルが治らない原因はこれにあります。手は細菌だらけで、よく触れる部分にニキビや吹き出物ができやすくもなります。

gigamen_do_not_touch_body_parts02

眠い時、朝起きた時など、無意識に目をこすっていませんか?手が目に触れると、細菌を直に導入しているのと同じです。

ウイルスには目への伝染力の強いものと弱いものがあり、伝染力の強いウイルス による結膜炎にかかってしまうと厄介です。なるべく手で目を触らないようにしましょう。

gigamen_do_not_touch_body_parts03

仕事中や、退屈したときに、口の周りに自分の指手を置く人が多いようです。手に付着したウィルスが、口を通して体内に 侵入し感染を引き起こすと風邪をひいてしまったり、インフルエンザにも感染してしまう恐れがあります。

手で口や口の周りを触る事は、細菌を食べていると言っても過言ではありません。

gigamen_do_not_touch_body_parts04

手は身体の中でも、菌が最も多い場所の1つなんですね。つり革につかまったり、お金やトイレの蓋を触ったり・・・。雑菌だらけの手で体を触らないようにするのと、頻繁に手洗いを心掛けるようにしたい。

参照元:Men’s Health

この記事をシェア
0 0
記事のタグ