フェイス・トゥ・フェイスの進化~車輪付きのiPad装着ロボット

1215

目的地まで向かわなくとも、目的地にいられる。夢のような話が実現した。米国Double Robotics社の車輪付きのiPad装着ロボット『Double (ダブル)』である。Double (ダブル)目的先に配備されていれば、自宅にいながらタブレットによる遠隔操作が可能。しかも、座っていながらでも、相手と同じ目線で会話できるデザインとなっている。進化したフェイス・トゥ・フェイスは、直観的でリアルなコミュニケーションを可能にする。

使い方は十人十色。自分の部屋に居ながら、遠く離れた授業に顔を出し、久しぶりに会う友達と会話ができる。あるいは、出張先にいながら、工場で働いている社員を探し出し、作業の進捗状況を聞いたりもできる。

Double (ダブル)の価格は$1,999(約18万6000円)。2013年の早い時期に発売予定とのこと。

[vimeo video_id=”47000322″ width=”400″ height=”300″ title=”Yes” byline=”Yes” portrait=”Yes” autoplay=”No” loop=”No” color=”00adef”]

この記事をシェア
0 0
記事のタグ