これで月曜の朝が大好きになる? ブルーマンデーをぶっ飛ばす方法

1057
未定 詳細なし

充実した週末を過ごして、どうしても月曜日に「会社に行きたくな〜い」「働きたくな〜い」となるのがブルーマンデー症候群。日曜日の夕方から月曜日のことを考え鬱になるのは、サザエさん症候群。どちらにしろ、月曜日の朝とは多くの人に嫌われる時間。そんな月曜日の朝をもっと充実して楽しい時間にするには、どうすればいいのだろうか?

マシな上司を持つ

自分の仕事が好きでも、上司が最悪なヤツだと台無し。もっとも好まれる上司は、社員に敬意と信頼を示してくれる人物。会社や仕事が原因ではなく、そのクソ野郎が問題なのだ!

良い会社を選ぶ

会社のカルチャー自体がヤバいのかもしれない。残業が当たり前とか、上層部がちゃんとしていないとか…。オープンで皆でコラボレートできるのが良い会社。自分の会社がブラックかどうか考えてみよう。

自分が興味のある仕事を選ぶ

自分が興味のある分野で仕事をする人の満足度は48%、反対にそうでない人の満足度は7%。かなりの差である。この仕事は大嫌いだけどお金がいいのよね〜なんて人は、週末をエンジョイしすぎて酷い月曜鬱になる。

満足度の高い業界とは?

社員の満足度を示すツイートをリサーチした結果、アメリカでは飲食業と教育関係者の仕事の満足度が一番高い。ストレスが多そうな業界だけに、これには少し驚き。

満足度の高い職種とは?

97%と満足度の一番高いのは地図設計者、第2位は回転ドリルオペレーター、第3位は聖職者。筆者の経験上言うと、地図作成は本当に面白く満足感の得られる仕事。自分が好きで病みつきになれるような職種がいいのかもしれない。

オフィスでの時間は最小限に

当たり前のことだが、フレックスタイムや在宅勤務の社員の満足度は70%と非常に高い。交通渋滞や満員電車で消費される時間と体力のロスを考えて、もっと多くの会社が柔軟性を取り入れるべき。

がんばって昇進する

幹部クラスの社員の満足度は69%なのに対し、平社員の満足度は48%。責任感が多くのしかかるとはいえ、待遇や給料が上がることはポイントとして大きいのだ。

仲のいい同僚を持つ

職場に友達を持つ人は、そうでない人の7倍も仕事に従事できる。特に好きな女の子がいると、毎日ルンルン気分で会社に出向くようになるのでは。

 

世の中には、月曜日の朝が待ち通してたまらない!なんて人も実は多い。このリストはそんな人たちの声を取り入れて作られている。鬱になってしまう人は自分の何が悪いのかを的確に知り、これ以上悪化しないうちにしっかりと職場環境を見直してみよう。

参照元:HUFFPOST HEALTHY LIVING

この記事をシェア
0 0
記事のタグ