素敵なオブジェでもあるOpenerです

1012

リビングにおける夫婦の会話

妻「あなた、この栓抜き見てよ。単なる栓抜きだけど、されど栓抜きって感じよ」

夫「面白い形をしているね。流線型っていうのかな?」

妻「Droplet Bottle Openerっていうのよ。栓抜きは、なんていうか脇役っていうか、なくてはならないものなんだけど、普段はキッチンの引き出しに無造作に入れられているイメージよね。でもDroplet Bottle Openerは、オブジェとして置いておけるような形だと思わない?」

夫「そうだね。確かにちょっと目を惹く形をしているね。キッチンには一輪挿しが置いてあることがあるけど、栓抜きのような実用品でオブジェにもなるものは見掛けないね」

gigamen_Droplet_Bottle_Opener01

美を感じる流線型のOpener

妻「ただ使えればいい、用を足せればいい、というだけではなく、存在そのものが美しかったり、見る者の気持ちを和ませてくれるものが、今の時代は必要だと思うわ」

夫「随分難しいことを言うね。確かに人付き合いが減って、日々の生活がビジネスライクになりつつある現代においては、Droplet Bottle Openerのような日用品であっても、美を感じさせるものであることは大切なのかもしれないね。君以上に我々ビジネスマンはそういった気持ちを忘れないようにしないといけないと思うな」

妻「そうよ。できる男こそ、あらゆるものに美を追求すべきなのよ。美を追求すべきは仕事だけじゃないということよ」

gigamen_Droplet_Bottle_Opener02

 

参照元:Droplet Bottle Opener

この記事をシェア
0 0
記事のタグ