成功者の共通点 早朝トレーニングの利点とは

14235
未定 詳細なし

午前6時。あなたは一体何をしているだろうか。まだ布団の中で夢の世界に浸っている時間だろうか。6時といえばちょうどナイキのCEOマーク・パーカー氏が日課である1時間のトレーニングを終えたところだ。また、AppleのCEOティム・クック氏は既に出社し部下にEmailで指示を飛ばしていることだろう。

午前7時。あなたは一体何をしているだろうか。7時といえばマイクロソフト元CEOのスティーブ・パルマー氏が1時間半のジョギングを終え仕事を開始していた時刻だ。さすがにこの時刻になってまで女々しく布団にしがみついてる奴なんかいないことと思うが・・・。

彼らスーパーエグゼクティブに限らず米国の多くの成功者達に共通しているのが、「早起き」と「早朝トレーニング」だ。彼らはトレーニングによって得られる効果と、それを早朝に行うことの利点をとてもよく理解している。

gigamen_Early_Morning_Workout01

デキる男は脱いでもスゴイ 筋トレの効果とは

元々フィットネス先進国であるアメリカではビジネスマンの筋力トレーニングに対する意識は高かった。筋トレをすることによって得られる厚い胸板や太い腕は、彼らの健康的でエネルギッシュなオーラをスーツの下からでも強烈にアピールする。

逞しく男性的な肉体からは自信と説得力に漲った言葉が生まれ、周囲からの高い信頼を勝ち取る大きな助けとなるのだ。

また、トレーニングによって高まる体内のテストステロン値は積極的で前向きな思考に繋がり、同時に脳内で発生するセロトニンもプラス思考でアクティブな活動を後押ししてくれる。

つまり、早朝にトレーニングを行うことにより、リズムの良いやる気に満ちた一日を手に入れることができるのだ。

ゴールデンタイムは午前5時?本場アメリカのトレーニングジム

ビジネスマンの多いアメリカのある都市では、トレーニングジムのゴールデンタイムは朝5時だという。皆、早朝からダンベルやバーベル、マシンを活用して体を鍛え、その後シャワーを浴びてスッキリしたところで元気に職場へと向かうのだ。

日本でも最近になって24時間制の小規模ジムが都内を中心に出店を加速させている。少しずつ早朝筋トレの環境は整いつつあるのかもしれない。

肉体そのものだけでなく精神面においても効果の高い筋力トレーニング。ライバルに差をつけるためにも、毎朝少しずつ始めてみてはいかがだろうか。

参照元:Naverまとめ

この記事をシェア
0 0
記事のタグ