イージージェット、英国とアルプス山脈結ぶ4路線開設、季節運航へ 今冬

1787

英国の格安航空会社(LCC)、イージージェットは今冬、ロンドン(スタンステッド)とスイス北部のチューリッヒ、スイス西部のジュネーヴを結ぶ路線など、英国=アルプス山脈4路線の季節運航を実施します。

英国の国際空港からスイス、オーストリアへ

イージージェットは12月16日からロンドン(スタンステッド)=チューリッヒ線、ジュネーヴ線を週2往復ずつで開設します。ロンドン中心部から車で1時間の空港からスキー天国・スイスの空の玄関口、チューリッヒにひとっ飛びできる選択肢は他にありません。フライト時間は約1時間半。

イージージェットは24年1月13日から英国中部バーミンガムとオーストリアのザルツブルクを結ぶ路線を週1往復で開設します。ザルツブルクは東アルプス山脈探検の起点の一つです。音楽家モーツァルト生誕の地でもあり、生家やその名を冠した広場などは観光名所になっています。

4路線は約4600円から予約できる

ロンドン中心部の遥か東に位置し、「ロンドン」と空港名に入っているものの、国際的な知名度は低いサウスエンド空港からもイージージェットは24年1月14日からフランス南東部のグルノーブル線を週1往復で開設します。西アルプス山脈の中にあり、スキーリゾートには事欠きません。

イージージェットは上記4路線を24.99ポンド(約4600円)から予約できるように価格設定しています。英国のLCCが注目する冬リゾートのうち、筆者はチューリッヒにより魅力を感じます。なぜならチューリッヒはスイス国内の鉄道の中心であり、山岳や湖を鉄道からも楽しめるからです。

<参考元>easyjet

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ