ありそうでなかった食べられるカップケーキケース

1848

パンケーキの後を追うかのごとく最近ブームの兆しがあるのがカップケーキ。どうやらアメリカの「セックスアンドザシティ」のシーンから火がついたとも言われている。なにしろあのパンケーキ型がかわいい。デコ満載のケースに入っているだけでおいしさ2割増ぐらいだ。だが…その分食べるのにめんどくさい。

gigamen_Edible_Wafer_Cupcake_Cases01

いっそ丸ごと食べてしまえば問題解決&おいしい

場合によってはあの紙のケースを剥く時に大事な中味まではがれてしまうのは、口惜しい。それはカップケーキを食べる時の小さなこだわりである。あれさえなければ食べる楽しさも倍増するに決まっている。

そう食べ…られるようにしたらいいのでは?というのが「Dr. Oetker’s Edible Wafer Cupcake Cases(食べられるカップケーキケース)」。パッとみた感じ、形も厚みもカップケーキのセオリーを全うしており、ごくごく普通のケースである。

gigamen_Edible_Wafer_Cupcake_Cases

 

だが、なんとこれ、ウエハースでできているのである。野菜のビートルーツや食用色素を使うことで、ピンクやベビーブルーなどカップケーキケースの王道をいく食べられるカップケーキケースが登場した。

ヴェジタリアンはもちろんグルテンフリーなので中も外も安心して食べることができる。なにげに手を汚しがちだったあの手間がなくなるのは大歓迎だ。オフィシャルサイトで購入することもできるので、業務用はもちろん、自作したい人にもいいかもしれない。失敗してもケース食べちゃえばいいと思う!

 

参照元:Edible Wafer Cupcake Cases

この記事をシェア
0 0
記事のタグ