550キログラムのMPVカー eFROOG!何故そんなに軽いのか?

1281

自動車の世界に革命が起きた。昨今はスーパーカーのボディにはカーボンファイバーが採用され軽量化が図られているが、カーボンファイバーも時代遅れになりそうだと感じている。何でも軽量化すれば良いというものではないが、軽量化を図れば、その分速く走れるため、自動車メーカーは軽量化を図るのだ。

ドイツの自動車メーカー「Uniqueco」が製造したMPVカー「eFROOG」と「KITESH」は、超軽量550キログラムの自動車である。自動車が550キログラムと言うのは、非常に軽量である。「超軽量」と言って良いだろう。「腰の軽い」自動車なのである。「尻が軽い」・・と言うとなにやらイメージが良くないが・・・とにかく軽量なのである。

超軽量550キログラムを実現させたのはボディに採用されているプラスチックだ。eFROOGKITESHはプラスチックとアルミニウム、亜鉛、メッキ、銅を組み合わせることにより、軽量で頑丈なボディを完成させた。安全性が気になるところではあるが、Uniquecoはその安全性にも太鼓判を押す。eFROOGKITESH共に物資の輸送用として使用される予定で、レンタルサービスなども視野に入れている模様だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ