迷わない!エミレーツ航空アプリに空港内を案内する新機能が登場

1581
未定 詳細なし

広い空港の中で迷わずに行きたいところに行けます。アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空は11月、Emiratesアプリに空港内地図を表示する新機能「Airport Maps」を追加しました。

ドバイ空港などで現在位置を検知する。

Emiratesアプリの新機能はエミレーツ航空が拠点を置くドバイ国際空港などで道に迷った時に役立ちます。空港内の現在位置と目的地(チェックインデスク、搭乗口、エミレーツラウンジ、店舗、レストラン、ATMなど)を入力すると、経路と移動時間の目安が空港内地図上に表示されます。もし現在位置が分からなくても心配無用。BluetoothやWi-Fiで位置情報が検知されます。

新機能に対応している空港は11月現在、ドバイ国際空港、ロンドン・ヒースロー空港、ロンドン・ガトウィック空港、香港国際空港。日本からエミレーツ航空便を乗り継いで中東・アフリカ・欧州に向かう旅行者の存在を考えると、対応空港の一層の充実を期待せずにはいられません。

アプリにはチェックすべき機能が他にも。

Emiratesアプリは日本語を含む19言語に対応。東京・大阪からエミレーツ航空便に搭乗する前、機内エンターテインメントのプレイリストを作成しておくと、映画・テレビ番組などのコンテンツを目一杯楽しめます。ホーム画面下部ではエアバスA380とボーイング777の客室を360度のパノラマ写真で見られるので、空の旅のイメージを膨らませたい人はチェックしてみてください。

参照元:emirates

この記事をシェア
0 0
記事のタグ