エミレーツ航空、アンゴラのルアンダ線を増便 冬からは毎日運航へ

500

石油などの資源に恵まれ、今後の発展が見込まれるアフリカ南部の国への渡航を計画している人に良い知らせです。アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空は7月1日からドバイとアンゴラのルアンダを結ぶ直行便を週2往復増便し、週5往復体制で運航します。

ビーチやナイトライフが魅力のルアンダへ。

エミレーツ航空は数年前まで南大西洋に面しているルアンダに毎日直行便を飛ばしていました。今年の冬スケジュールには更なる増便を実施し、デイリー運航が復活する予定です。ビーチや現地の音楽を聴きながら過ごすナイトライフが魅力のルアンダへのアクセスが格段に向上することになります。

ドバイ=ルアンダ直行便の運航機材は3クラス360席のボーイング777-300ER型機です。ドバイからルアンダまでのフライト時間は7時間45分。東京(羽田)からエミレーツ航空便を乗り継いだ場合、羽田からルアンダまでの旅行時間は22時間10分(ドバイでの乗り継ぎ時間を含む)。

ドバイ国際空港でアイスの無料サービスを実施中。

エミレーツ航空は8月31日までドバイ国際空港第3ターミナルの出発・トランジットエリアでアイスクリームの無料サービスを実施しています。味はチョコレート、バニラ、コーヒー、マンゴーシャーベット、レモンシャーベットから選べます。サービス実施時間帯は0時~3時、12時30分~14時30分、18時~21時。

参照元:Emirates

この記事をシェア
0 0
記事のタグ