ストンと眠れる! 睡眠薬を不要にするメガネ型デバイスがスゴイ

668
79ドル(約8800円)~詳細ページ

不眠で悩んでいる人は、メガネ型のウェアラブルデバイスをかけるだけで、夜中にぐっすり眠れるようになるかもしれません。中国で生み出された『ペガシ・ツー』の先行販売プロジェクトが6月、米クラウドファンディングサイト「キックスターター」で立ち上がりました。

 1週間毎朝かければ、効果が現れる。

『ペガシ・ツー』は午前7時から9時までに使用しなければなりません。メガネ型デバイスを着用し、テンプルの耳に当たる部分にあるボタンを押すと、グリーンライトが両目に30分間照射されます。1週間毎朝かければ、ちょうどよい時間にストンと眠れるように。2年前に発売された『ペガシ』は使用者の9割以上が「使用開始から7日後に変化を感じた」と回答しています。

『ペガシ・ツー』が網膜に照射するグリーンライトには、日中のメラトニン(睡眠を促進するホルモン)分泌の抑制、夜のメラトニン分泌を助ける効果があります。朝の時間にメガネ型デバイスをかけるだけで、丸一日エネルギッシュでいられ、夜のちょうどよい時間に眠気が来ます。不眠で悩んでいる人はもう睡眠薬・睡眠導入剤に頼らなくて済むのです。

 朝食を食べながら、睡眠の質を高める。

折り畳むことができ、メガネの上からでも着用できる『ペガシ・ツー』の先行販売プロジェクトは公開から1日で成立し、5万ドル(約550万円)以上の支援を集めています(7月3日現在)。目標額の5倍に上る支援は、ぐっすり眠りたいと願う人の多さを物語っています。あなたも朝食を食べながら、歯を磨きながら、散歩しながら睡眠の質を高めてみませんか。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ