2つの世界遺産へ!エミレーツ航空がドバイ=ポルト線を開設へ

1035

世界的に有名なポートワインの生産地域に行きやすくなります。アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空は7月2日からドバイとポルトガルのポルトを結ぶ直行便を週4往復(火・木・土・日)で開設します。

東京・大阪から乗り継ぎ1回でポルトへ。

ドバイ=ポルト直行便が開設されることで、東京や大阪から乗り継ぎ1回でポルトガル第2の都市に行ける選択肢が増えることになります。エミレーツ航空のポルトガルネットワークも首都リスボンとポルトの2都市に拡大します。ドバイ=リスボン直行便は3月現在、1日2往復で運航中です。

世界遺産に登録されているドン・ルイス1世橋やセラ・ド・ピラール修道院、美味しい料理とワインなど観光資源に事欠かないポルトは世界遺産のアルト・ドウロ・ワイン生産地域、スペイン北西部への旅の起点となっています。イベリア半島北西部の港町ビーゴまで約120キロ、キリスト教の巡礼地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラまでは約200キロです。

ポルト直行便のフライト時間は片道8時間。

エミレーツ航空はドバイとポルトを約8時間で結びます。フライトスケジュールは次の通りです。ドバイを午前9時15分に出発し、ポルトに午後2時30分に到着。ポルトを午後5時35分に出発し、ドバイに午前4時15分に到着。使用機種は3クラス360席のボーイング777-300ER型機です。

参照元:Emirates

この記事をシェア
0 0
記事のタグ